Img_e7664143b0215dca8799b9882012ff14
野田琺瑯さんのマイキーぬか漬け美人。

人生で初めてのことをしてみよう、のひとつ。
ぬかみそ漬けを自分で作ってみる。

今年の6月からスタートしました、ぬか床作り。


きゅうり
なす
ミョウガ
かぶ

が今までに着けたことのある野菜。
暑い夏の季節はもっぱら、きゅうり。


Img_91daeebe43089ca63820d2b586198c46
器は修善寺の三洲園さんで購入。



くんくんくんと、ぬかみそのにおいをかいで
ぬか床具合も確かめて
ぼりぼりぼりぼりぼりぼり。
今日の漬かり具合は、どうかしら。

酸味が強いやら
塩気が強いやら
水分量やら。。

ぬか床から出してすぐ切って食べるより、
しばらく冷蔵庫でおいてからの方が味が落ち着いてたり。


唐辛子やらだし昆布入れてみたり
ぬかみそからしを入れてみたり。
みょうばんと同量のお塩をすりすりしてから漬けてみたり。


試行錯誤で自分の好みの味に漬かるように育てて行く。


自分好み=お母さんのぬかみそ漬けの味。
目標はそう、お母さんの漬け物の味+自分の好み味。


うん。



memo
お風呂に入ってしまってからぬか床を混ぜるのはちょっと結城が必要。
ぬか床を混ぜた後の右手を、飼い猫にかがせるとおもしろい。

.....................................................................................................

NUKAZUKEBIJIN(MIKEY):琺瑯(マイキー)ぬか漬け美人
Lisa Larson Japan Series  (Click!) 
ぬか漬け専用の琺瑯容器。水取り機つき。衛生的。
白い琺瑯にマイキー、マイキー無しのぬか床容器もあるけれど、
やはりぬか床作り初心者にとって、このマイキーがいるかいないかは、
大きな違いがあるかもしれないか、ないかもしれない。


クラフトギャラリー 三州園/伊豆市修善寺940-2


ぬかどこ  (Click!) 
Img_620a688bcf2717d20b0451de6a53ce63
バカンスぽい?


実家にて。
パラソルの下で、お座布団を敷いてバカンス中のチャイ。

Img_73ebf7dc417c5b91438b695d8b6442e1
リラックスしすぎの、婆ちゃんの猫、たま。

たま、(・Θ・;) 家の中でいちばん風通しの良い所を知っているね。


Img_23bff5e77d4f663c1415d0ae09f8731c
のんびりまったりくつろぎ。
5月の晴の日に、引越が無事におわりました。
引越と言っても、歩いて数分。歩いて250歩くらい。

この十年ほど、住み慣れた場所をなかなか離れられず、
およそ1キロ圏内をあっちへこっちへ越している。

ここが自分にとって落ち着く場所なんだろうなと思う。

今度の部屋はワンルーム。
作りがデザイナーズマンションなので?外観も
室内もなんだか気分が上がるような。
インテリアも今までで一番楽しく出来そうな。

あれやこれや思ってても、片付けがなかなか進行していなくて。。
とりあえずの生活をしている。

いまはひとまず仕事に集中して。。
( ・_・) 一生懸命はたらこう。


memo 引越先での愛猫の様子はこちらにも書いてたり。。
なごなごぶぅ  (Click!)